スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログの移動

一年一年の変化が本当に激しい。
自分自身にしても、世の中の動きにしても。


個人的に公私ともに大きな節目を迎えています。
心機一転、ブログも移動することにしました。

以前の記事も含めて、移動させようかなと思って、
インポート/エクスポートを使ったのですが、
うまくいかず・・・。
HTMLやCSSの知識があればどうにか出来るのだろうか?
今まで避けてきただけに、こういったときに困ります。
この機会に勉強して、もし可能であれば、その時点で過去の記事も
移動させようと思います。

まずは!bloggerで再スタートします。

http://yaseido.blogspot.com/



久しぶりにブログをすべて読み返しました。
LIFE-mag創刊前の孤独な自分、
走り出し様々な出会いに恵まれた時期、
休刊を迎えたその後の自分、
読み返し、様々な感情が湧き上がってきました。
よく頑張ったなと言ってやりたい思いもあるけれど、
後悔と反省を込め、もっともっと頑張れよ!!ワクワクすることにもっと貪欲になれよ!!と今は振り返っています。


その間、小林弘樹という「ひとつの生命体」に触れ、
気のあった人、怒った人、褒めてくれた人、蔑んだ人、語り合った人、飲み明かした人、悲しみを分けた人、噛み合わなかった人、邂逅した人、別れた人、お世話になった人、お世話した人、迷惑かけた人、気づきをいただいた人、こっそり支えてくれた人、、、
そのすべての人に感謝の気持ちで一杯になりました。

ありがたい。

生と死を迎えるのは肉体のみならず、精神の触れ合いもまたしかり。
生命の循環を思い。

あらためて、感謝の思い。

スポンサーサイト

地震

東北地方太平洋沖地震の被災者の方々に、
一日も早く心の平穏が訪れることを願っています。


自分には何が出来るのか?

まずは日常を止めないこと、
身近にいる人を大切にすること、かなと。

そして、その延長に「お金」や「ボランティア活動」など
出来ることをやっていけたらなと考えています。

それぞれの状況や立場の中で
やれることは本当に多様だと思います。


絶望という名の暗闇の中に差し込む、一筋の希望という名の光が届きますように...

ひとつの祈り

年が明けてあっという間に3月となった。
久々のblogになるけれど、強く思うことがあったので書こうと思う。


昨日の昼休み、NHKニュースのアナウンスに胸を締め付けられた。

警察庁の統計で昨年の自殺者は31,690人となった。
そして、自殺の動機として「就職失敗」が424人、
うち20代は153人となったとのことだった。

その後、食べていた弁当の味がなくなった。
私と同年代の人が就職難で次々と命を絶っていく現状にショックを受けた。

毎年、この統計が出ると思うことがある、
この数字は警察庁が「把握した」統計であり、実際はもっと多いだろう。
この数字は自殺に「成功した人」の統計であり、自殺を図った人はもっと多いだろう。
この数字の背後には、今日も、いまこの瞬間も、自殺したいと思っている人がさらに多くいることを忘れてはいけないだろう。

同じ時代、同じ国に生まれた同世代のまだ見ぬ多くの友人が「就職失敗」を動機に自らの命を絶っていく。
そのことに何も出来ない自分の無力さにただただ立ちすくむしかない。

しかし、ここで少し私の思いを書くことにする。




あなたの存在価値は就活に失敗したことで失われることはない。




とにかく結論はこうだ。

自分の存在を欧米のように宗教が担保してくれることもなければ、地域社会の共同体が担保してくれることも難しい。
地域社会の共同体が担っていた役割は、高度経済成長期に会社にとって変わった。
成熟社会を迎えた日本では、終身雇用の失効に伴いそれも消えかけている。
しかし、いまだ日本という国においては自分のアイデンティティを会社に置く傾向がある。
「俺は○○会社の営業部○○だ」
「私は○○学校の○○の教師だ」
それは限りない安心でもあろうし、
働くことは生きる喜びともなろう。

無職になった後、定年を迎えた後、自分の存在がいかに会社によって担保されていたか気づく人も多いと思う。
私は自分で会社を興して、仕事を作って、社会の中に存在価値を少しでも作っていく過程でそう感じた。
前職を辞めてから、胸一杯の希望と不安を抱え、創刊号に向けて独り制作しているとき、私は一体何者なんだろう...何度となく問いかけた。



孤独と向き合うこと



そうやってしか、乗り切れなかった。
LIEF-magでやろうとしたことを回りで考えている人はその時はいなかった。
家族もいたし、多くの友人もいた、職場でも必死に食らいつきどうにかやれていた。
が、それでも抱えていた圧倒的な孤独。
私は本当はこういうことを考えているんだ!!でも、誰にもわかってもらえない。

本を通じて異国の知識人の叡智に触れ、歴史上の人物から知恵をいただく。
それらは24歳のある日、LIFE-magという構想をもって衝動に変わった。

結局、LIFE-magという編集作業は中断したし、これからの人生もあまりに不透明だ。
悩みや不安もある、最近は、左耳でずっと異音がするし、臍下丹田あたりの腸が軋む。

そ れ で も

孤独を手放さず、それと向き合うこと。
粘り強く考え抜くこと。
あまりに粗雑な情報が多い現代、暫し独りになって考え抜くことも必要だと思う。


もし、あなたが自殺を考えているのならちょっと待って欲しい。
同世代に限定する必要はないが、多くの若者までが、就職難を理由に命を絶っている現実に接し、私はとても悲しく切ない思いでいる。
誰に向けて書くでもないこのblogでいうのも変かもしれないが、

お願いだから死なないで欲しい。






もうひとつ。
テレビやラジオ、新聞、雑誌で見ることがある話だが、
「年収が○○百万円以下の人は結婚率がぐんと下がる」
「失敗しない婚活テクニック」
「ネットカフェ難民の実態」
「ゆとり世代のトンでもないモラル」

不安を煽り、数字を稼ごうとするメディア。
きらびやかな情報を流し、消費を促すメディア。

どれも私たちが本当に必要としている情報からかけ離れているように思えて仕方がない。
多くの新聞やテレビのコメントも大抵、他人事のような発言にしか聞こえず、説得力がない。

これ以上、無自覚に虚構の境界線を張り巡らし、多くの人々をある意味で洗脳された孤独へ追い込むのを止めてもらいたい。

大企業の中に入って、30代で賞与100万、年収1,000万もらって、第四の権力として正論を唱えているあなた達の多くは、学業成績も良く、頭もキレる人が多いはずだ。
もう少し、感性と想像力を使って日本に住む私たちの価値観を極端な「お金」や「消費」、「勝ち組」への渇望から引き離して下さい。








~超個人的~ Tくんへ

LIFE-magを一緒に作りたいと興奮気味にやってきた、当時大学生のTくん。
その後、就活に失敗して、色々と悩んでいたのはblogを通じて見ていた。
その取り乱した様子は文章からも痛いくらい伝わってきた。
就活・家族・恋人・バイト、いくつもの歯車が噛み合わなかったこと。
その中には取り返しのつかないことも多くあったこと。
一緒にLIFE-magを作れなかったのは僕の不甲斐なさ故だ。申し訳ない。
しかし、君がLIFE-magに見いだしてくれた希望と情熱を忘れないで欲しい。
それは今後、お互いどんな仕事に就くか分からないけれど、そこでLIFE-mag的な働き方をすることは可能だからだ。
僕も諦めてない。どんな職業に就くかよりも、そこでどう働くか?のほうが大切だったりするからね。



青陵大学にて

今日の話である。

---
17:45 車に乗り込んでラジオのスイッチを入れる。
最近はNHKラジオに合わせている。
珍しくハードロック特集でガンガンと音楽が鳴っていた。

動揺した私の頭をさらに激しいビートが叩きつけるようだった。



---
今月の頭だった。
青陵大学で行われる「コミュニケーション力養成講座」に
スピーカーとして出てもらえないか、と知人から連絡が入る。

人生のターニングポイントになった時に絞って、
その時、動き出した動機、実際に取った行動、
やってみて感じたこと、そして、それが今の自分にどうつながって
いるのか? を学生の前で話をする対話形式の授業であった。

20代の社会人ということで集められた11名ほどのスピーカーがいた。
保育士、看護師、社会福祉協議会、NPO支援団体、印刷会社、
市役所、福祉情報サイト運営、などなど
同世代の様々な生き様があった。



---
そこで私はLIFE-mag創刊にあたっての動機、
やってみて感じたことを話した。

湧き上がる衝動を抑えきれず、
あのような「表現」でしか生きられない。
そんな覚悟が私を突き動かした。

しかし、そんな「表現」も雑誌というビジネスに
おいて明らかに「失敗」だった。

こんな思いで起業して、
制作の過程ではこんな面白いことが次々と起こった。
そう話を進めても、結論で問う、
「今の自分にどうつながっている?」
「今のあなたはどうなの?」

とても良い経験が出来た。
そんなことでは済まされない現実と向き合った。

いくら立派な理念を掲げようとも、
面白いアイデアがあろうとも、
続けられなければ問題にならない。

私は戦線を離脱してしまったことへの
情けなさに埋め尽くされた。



---
30分1回で3グループの学生に語る授業だった。

熱を入れて話せば話すほど、
「あの経験を自分はどう活かすのか?」
「自分はいま闘ってるのか?」
最後にはそう自問自答していた。


湧き上がる情熱をどこに置いてきたの...?


と。



---
今年の1月、会社の解散登記の手続きをしながら思っていた。
10年以内にまた起業していたい。

それまではまた別の業界に入って「ビジネス」について学び、
人間としても成長していきたいと考えた。

しかし、業務内容に共感して就職した現在の会社では
経営者や先輩方のやり方、モチベーションからは
正直、学ぶべきコトが少ない。

詳細についてはここで書かないので、
それは私の傲慢だとの可能性も残るが。


---
プライベートでもいくつかのプロジェクトで形になった
印刷物もあったかが、主体的に動こうと思っていた
プロジェクトでうまくいなかったものもある。



---
自分の経験を話すという状況で、
向き合った自分。



暮れゆく2010年、年の瀬。
新聞の予報では明日から一週間は雪。
この動揺の振幅の中で年末を迎えそうだ。








※※※
ちょっと内省的なblogになってしまったけど、、、

今回のような授業にはとても共感しました!!
若い学生の目の輝きからエネルギーももらいました!!

声をかけていただいたTさん!!
ありがとうございました~

私も学生時代に一つ上の世代の社会人の方々から
話を聞く機会があったら良かったなって思いました。

「多様な生き様との出会いの場」

LIFE-magの理念とも重なるところが大きいかな。


写真は社会人の方々が自分を紹介する紙芝居を作っている風景。
DSC_0676.jpg

淡 恋 残 像

今年の頭くらいから少しずつ作業を進めていた
友人の小説が形になりました。

「淡恋残像」というタイトルで
著者は佐原悠さんです。

文庫本より少し大きめの版で、
160頁。
恋愛小説です。

本人が書店や図書館など足で回るとのこと
ですので、もしどこかで見かけたら
手に取っていただけると嬉しいです。



DSC_0651.jpg
DSC_0652.jpg
DSC_0653.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。