スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーペーパー

DSC_5510.jpg


新潟県立図書館の入口には県内のフリーペーパーがたくさん設置されています。
それぞれに特徴があり、とても作り込まれているんですね。
机の上に広げてパラパラと見ていた夜。

翌日の新聞。
10/17付けの新潟日報には編集委員・内田正志氏の署名記事でちょうどフリーペーパーの記事が載っていました。

見出しで「不況、飽和で淘汰始まる」と恐ろしい言葉が…。

県内には23から30誌ほどあるそうで、北信越地区トップだそうです!!
記事ではそれぞれのフリーペーパーの特徴が取材されていました。
たしかに街を歩いていても目にする機会は多いです。

車検のコバックさん発行のZERO STYLEというフリーペーパーもあるんですね。
新大生が作る新大生のためのフリーペーパーということらしいです。


LIFE-magとしては紙媒体や情報は「無料である」という消費者の認識が深まっていくのは脅威ですね。
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。