スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青陵大学にて

今日の話である。

---
17:45 車に乗り込んでラジオのスイッチを入れる。
最近はNHKラジオに合わせている。
珍しくハードロック特集でガンガンと音楽が鳴っていた。

動揺した私の頭をさらに激しいビートが叩きつけるようだった。



---
今月の頭だった。
青陵大学で行われる「コミュニケーション力養成講座」に
スピーカーとして出てもらえないか、と知人から連絡が入る。

人生のターニングポイントになった時に絞って、
その時、動き出した動機、実際に取った行動、
やってみて感じたこと、そして、それが今の自分にどうつながって
いるのか? を学生の前で話をする対話形式の授業であった。

20代の社会人ということで集められた11名ほどのスピーカーがいた。
保育士、看護師、社会福祉協議会、NPO支援団体、印刷会社、
市役所、福祉情報サイト運営、などなど
同世代の様々な生き様があった。



---
そこで私はLIFE-mag創刊にあたっての動機、
やってみて感じたことを話した。

湧き上がる衝動を抑えきれず、
あのような「表現」でしか生きられない。
そんな覚悟が私を突き動かした。

しかし、そんな「表現」も雑誌というビジネスに
おいて明らかに「失敗」だった。

こんな思いで起業して、
制作の過程ではこんな面白いことが次々と起こった。
そう話を進めても、結論で問う、
「今の自分にどうつながっている?」
「今のあなたはどうなの?」

とても良い経験が出来た。
そんなことでは済まされない現実と向き合った。

いくら立派な理念を掲げようとも、
面白いアイデアがあろうとも、
続けられなければ問題にならない。

私は戦線を離脱してしまったことへの
情けなさに埋め尽くされた。



---
30分1回で3グループの学生に語る授業だった。

熱を入れて話せば話すほど、
「あの経験を自分はどう活かすのか?」
「自分はいま闘ってるのか?」
最後にはそう自問自答していた。


湧き上がる情熱をどこに置いてきたの...?


と。



---
今年の1月、会社の解散登記の手続きをしながら思っていた。
10年以内にまた起業していたい。

それまではまた別の業界に入って「ビジネス」について学び、
人間としても成長していきたいと考えた。

しかし、業務内容に共感して就職した現在の会社では
経営者や先輩方のやり方、モチベーションからは
正直、学ぶべきコトが少ない。

詳細についてはここで書かないので、
それは私の傲慢だとの可能性も残るが。


---
プライベートでもいくつかのプロジェクトで形になった
印刷物もあったかが、主体的に動こうと思っていた
プロジェクトでうまくいなかったものもある。



---
自分の経験を話すという状況で、
向き合った自分。



暮れゆく2010年、年の瀬。
新聞の予報では明日から一週間は雪。
この動揺の振幅の中で年末を迎えそうだ。








※※※
ちょっと内省的なblogになってしまったけど、、、

今回のような授業にはとても共感しました!!
若い学生の目の輝きからエネルギーももらいました!!

声をかけていただいたTさん!!
ありがとうございました~

私も学生時代に一つ上の世代の社会人の方々から
話を聞く機会があったら良かったなって思いました。

「多様な生き様との出会いの場」

LIFE-magの理念とも重なるところが大きいかな。


写真は社会人の方々が自分を紹介する紙芝居を作っている風景。
DSC_0676.jpg
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
こんにちは。
先日、赤海でお会いした嫁です。

以前の記事も少しづつ遡って読ませていただいています。

頭の中で考えていることを表現して、発信していくと自分の中が整理されて新たな発見があって面白いですよね。

雑誌を一から立ち上げたことで、さまざまな人とのつながりが今でもあり、書くことや書物とのつながりが今でもきっちりとあることをこのブログを読んで知りました。

新潟の方とかかわるようになって10年経ちますが、あまり本音が見えない人が多い中、こういう風に発信している人がお知り合いにいて、ちょっと嬉しくもあり、安心感もありです。

また時々、遊びにきますね。
どうぞよろしく~
  • mousse#-
  • URL
  • 2011.01.03(Mon)
  • Edit
あなたが元気そうでなにより。

「今は」が「今まで」になって、「以前は」になって、、、

季節が移り変わります。

また、あなたに会いたいです。
私の名刺が変わるころ、また改めて自己紹介をしましょう。


たぶん、5年後。
  • のりこ#ncVW9ZjY
  • URL
  • 2011.01.11(Tue)
  • Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。